コラム

介護施設で行う新人研修の内容とは?何を身につけていくことから始めるべきか

介護事業所の中には、求人募集の広告を出すときに「未経験の方でも研修制度があるので安心」といった内容を記載したことはないでしょうか。   介護業界で働いたことがないものの、新たな分野でチャレンジしたいと考える求職者にとっては、介護業界で働く一歩になるフレーズといえます。   しかし介護現場で働いたことのない初心者にとっては、どのような研修が行われるのか、その内容などについて不安を抱えているのも事実です。   そこで、実際に介護施設では新人向けの研修としてどのようなことを行うのか ...

ReadMore

コラム

介護施設のレクリエーションで最適な早口言葉とは?参考にできる例題も紹介

介護施設でレクリエーションとして行うことはいろいろあります。   ゲームや軽い運動、カラオケや書道、塗り絵などどれも利用者同士がコミュニケーションを深め、脳や体を鍛えることができるものばかりです。   そして脳をトレーニングするレクリエーションの1つとして挙げられるのが「早口言葉」で、普段の会話ではあまり登場することのない言いにくい文章を読むことで脳を鍛えます。   早口言葉とは? 早口言葉とは、言いにくい言葉を通常よりも早く話すことができるか競う言葉遊びのことです。 &nb ...

ReadMore

コラム

介護現場の介護職員が常に共有しておきたい「ヒヤリハット」とは?

介護現場で取り組みとして行いたいのが「ヒヤリハット」ですが、これは幸い重大事故や災害は起きなかったものの、一歩間違えば利用者や介護者がケガを負うなどの事故につながるという場面のことです。   要介護という身体状態にある利用者をケアする介護者は、介護事業所で事故や災害が起きないようにヒヤリハットを洗い出し、予防に努めることが必要となります。   そこで、介護現場で働く介護職同士で常に共有したいヒヤリハットについてご説明します。   「ヒヤリハット」を収集する目的とは 介護現場で ...

ReadMore

コラム

成長産業である介護業界はスタートアップしやすい?その魅力とは

少子高齢化に平均寿命の延びなどから、介護・福祉業界は成長産業とされ、新たに進出するスタートアップなども増えています。   異業種から介護業界に新規参入する企業も増えており、競合との差別化を図り独自のサービスを提供するケースなどもめずらしくありません。   今後も様々な事業モデルが出てくることが予想されますが、ベンチャーなどがスタートアップしやすいその理由はどこにあるのでしょう。   超高齢化社会で介護業界へのニーズは今後も高まる 日本は少子高齢化が進んでいますが、医学の進歩で ...

ReadMore

コラム

介護現場でも活用可能な「バイスティックの7原則」とは?

介護・福祉分野では、利用者と信頼関係を築くことが大切ですが、その際にアメリカの社会福祉学舎バイスティック氏による基本姿勢である「バイスティックの7原則」を基本姿勢として活用する事業者も増えつつあります。   介護現場では利用者との関わることは避けられず、良好な関係を築くことが必要となりますが、対人援助に関係する援助者の行動規範具とされる「バイスティックの7原則」とはどのような内容なのかご説明します。   「バイスティックの7原則」が介護現場で必要な理由 アメリカの社会福祉学者バイスティ ...

ReadMore

コラム

介護の三原則という考え方を基本に介護サービスの提供を

介護の三原則は、介護の基本理念として日本を含む世界各国で取り入れられている考え方です。   もともと介護の三原則は、1982年、福祉先進国といわれているデンマークで生まれた考え方です。   介護の三原則は「高齢者福祉の三原則」と呼ばれることもあり、さらにデンマークの高齢者福祉に大きな影響を与えたことで「アナセンの三原則」と呼ばれることもあります。   介護の基本的な考え方であるため、どのような意味をあらわすのか、その内容を確認しておきましょう。   介護の三原則によ ...

ReadMore

コラム

介護ケアの中でも排泄介助は特にプライバシーへの配慮が重要

介護現場では利用者に食事・入浴・排泄といった介助を行うことが必要ですが、いずれの場合でもプライバシーに配慮することが必要です。   利用者が見られたくないことや知られたくないことに対し、介助を通し触れることになるため、介護現場ではどのように配慮するのか考えなければなりません。   介護を必要とする状態が重いほど、介護スタッフに対しプライバシーをさらす部分が多くなるため、そのような利用者に対して気遣いや心配りが重要となります。   特に排泄介助では、利用者へのプライバシー配慮が ...

ReadMore

コラム

介護分野で重要となるQOLとは何を指す言葉?

介護だけでなく、医療やリハビリテーションなどさまざまな分野で「QOL」という言葉が用いられるようになりました。   QOLは「Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)」の略称であり、生活の質と訳されることが多い言葉です。   そこで、介護分野ではなぜこのQOLが重要とされているのか、その意味や理由をご説明します。   様々な分野で重視されるQOL QOLとは、「生命の質」や「人生の質」を意味する言葉として使われることもあり、生活・生命・人生においての幸福さや ...

ReadMore

コラム

介護のDX化で現場はどのように変わる?そのメリットとは

介護現場の業務を効率化させるため、介護のDX化が注目されています。   DX化によって、事務作業を効率的に行い作業時間や負担を削減することが期待されていますが、具体的にどのような方法で行われるのかご説明します。   管理を自動化すれば業務も効率的に 介護のDX化では、ICTなどを活用することによって、介護スタッフの事務作業や業務の負担を軽減させ、かつ効率化できることが期待されています。   介護現場でDX化可能な部分として挙げられるのが、事務作業の自動化・ペーパーレス化です。 ...

ReadMore

コラム

介護現場のイメージとして持たれている「3k」とは?

実際に介護現場で働く方の中には、高齢者の生活に寄り添いながらサービスを提供することにやりがいを感じている方も少なくありません。   しかし介護の仕事は3Kなどマイナスのイメージが強く、若い世代などにも敬遠されがちで人手不足の状態です。   そこで、そもそも3Kとはどのようなことをあらわしているのか、マイナスのイメージが強くなっている理由をご説明します。   介護のイメージで持たれやすい「3K」とは? 介護業界以外にも、「3K」と呼ばれる職種はいろいろあります。   ...

ReadMore

© 2018 介護パートナーズ